« 戦争と平和の共存? | トップページ | 宵の明星 »

2005.11.01

きのこづくし

mas03_1季節柄、職場や近所の林を歩くと、キノコの姿を目にする事が多くなりましたが、日当たりの良い芝生などでもキノコの姿を見かける事があります。

今年の秋は、雨が多かったせいか、いつもより種類も数も例年より多いような気がします。 
写真のキノコは、職場の駐車場付近の芝生で生えていた物ですが、上段の二つは今年初めて見かける物です。写真上左の物は傘の部分が直径10ミリ程で高さが10センチ程の黒っぽいキノコ、上右の物は大きい物で直径が10センチ近くもある大きなキノコです。どちらも、名前がわからないので調べ中ですが、聞いた話だと国内には一万種程キノコがあるらしいのですが、名前がつけられてるのはそのうちの3千種程度しか無いのだとか?
(だとすると、探しても名前がわからないことになるけど?)

写真下段のキノコは、唯一名前がわかってるキノコで、シバフタケの用です。 比較的小さなキノコで、写真の大きいキノコの方でも、直径が500円玉程度しかありません。今年は、このシバフタケの数が異常に多く、かなり広範囲に広がってました。このキノコ、調べてみると食用になるみたいです。だからと言って、食べようとは思いませんが、、、

|

« 戦争と平和の共存? | トップページ | 宵の明星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122563/6800397

この記事へのトラックバック一覧です: きのこづくし:

« 戦争と平和の共存? | トップページ | 宵の明星 »