« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.28

遅くなりましたが

yuki01先月の大雪があった日に、わざわざ遠出して雪景色を撮影してきました。
この日は雪が舞い、路面も積雪があったため鉄道を乗り継いで市街地に行きました。

写真の方はなかなか面白いものができました。 特にステレオ写真については、奥行きを感じる物が取れましたと思います。一枚アップして見たので、自信のある方は挑戦して見てください。見づらい場合には、一旦画像をPCに保存して、手持ちのビュワーで縮小すると見やすくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.27

三角塔

tower01何だか「未来少年コナン」に出て来そうな名前ですが。水戸芸術館のシンボルタワーの事です。
平日は来客が少ないので、中に入るには本館ロビーの受付まで行く必要があるんですが、この日はフリーマーケットもあり、人の出入りが多いせいか専用の受付が開いてました。
で、入場券を購入して早速タワー内へ、、、

tower03建物一階はちょっとしたエントランスになっていて、小学生の描いた絵などが展示されていました。塔内部の移動はエレベータを使い、最上階の展望室まで一気に昇ります。所要時間はおよそ1分程度。エレベーターに同乗してくれた案内役の方の説明では、このタワーは外壁がチタニウムで、水戸市が生誕して100周年を記念して作られたそうで、それにちなんで高さも100mなのだとか。

tower02展望室は、思ってたより狭く壁が垂直ではないので、外の風景を撮影するのは容易ではありませんでした。
それでも、100mの展望はすばらしく、海の方を見ると大洗のシンボル、マリンタワーを見ることができました。 興味ある方は、一度登られてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.26

腕がだるい?!

今朝起きたら、何だか両腕がだるいんですよね。重い物運んだ日の翌日には、こうなる事が多いんですが、昨日はそんな力仕事したっけ? と思いましたが、よく考えたらザウルス使ってたんですよね。(汗)

ザウルス、どうしても小さいんで、両手で持って操作しなきゃならないし、ほとんど親指で入力を行うんで、筋肉の使い方がかたよるのかも?
この操作方法、何かに似てると思ったら、PSPやニンテンドーDS等の携帯ゲーム機と同じなんです。(笑)

見た目の形も似てるし、通信もできるし、これでゲームがちゃんと使えれば言うことないんだけどなぁ、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.25

買っちゃいました〜

zau01本日、文章打ち専用にザウルスを購入しました。

機種はSLーC3100というもので、畳んだ時のサイズは手帳程度のコンパクトなタイプです。
本体が小さすぎて、親指で入力しなければならないのが難点ですが、起動が早いし慣れればメモ代わりになりそうです。

さて、これから何を書こうか、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.22

うぉーむびず

うちの職場でもウォームビズが今回実施されて、年末から最近までかなり寒い思いをしました。 狭い我が家ならともかく、広い職場では20℃未満ではかなり寒いのですね。こと部屋が広いと、空気が対流して寒さを感じ易いようです。

最近になって、やっと暖房を入れてくれるようになり、また寒さが緩んで来た最近、自宅にてふと体重計に乗ってみたのですが、、、、、何と、去年の終わり頃と比べて、体重が4〜5kg減ってました。
特に運動とか、ダイエット始めた訳でもないのに、、、(汗) 思い当たるのは、今年に限って職場で毎日寒さに震えてた事ぐらいしか。 ここでふと気が付いたのですが、周りが寒いって事は、その分体温を上げる必要が有る訳で、つまり寒い所に居るだけで脂肪が消耗され易い、そんな状況だったのですね。
だから、最近思うのですが、無理にダイエットするなら、自宅でも暖房使わないで生活すれば、冬場は結構効果有るんじゃないかと思うんですけどね、しかも、暖房費節約出来るし、、、(ぉぃぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の日

2月22日は「ニャーニャーニャー」で、猫の日だそうです。(ぉぃぉぃ) なんか、駄洒落っぽい語呂合わせだなー なんて思うのですが。

調べてみると、この日を作るにあたり「猫の日制定委員会」というのが作られ、1987年に制定されたのだとか。結構昔に作られてるんですね。 とはいえ、記念日としては勿論歴史が浅い訳で、新聞等を見ても猫に日にちなんだイベントの記事等は見当たりませんした。(まだ19年だしね、、、)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »