« 新訳「星の王子さま」 | トップページ | 明日は・・・ »

2006.08.17

12番目の惑星名

Wan001_2
ここ数日の話題になっていますが、ン百年ぶりに惑星の数が増えるという事です。巷じゃ「水金地火木土天海冥」と呼べなくなるーって騒いでますが。

肝心の惑星名ですが、一番外側の惑星2003UB313を除いては、前々から名前があったらしく、「セレス」「カロン」と名付けられています。いづれも、ギリシア神話に登場する神や人物の名前が使われています。

され、気になるのは、これらの惑星の和名がどうなるかって、事です。
惑星の一つである海王星の英名「ネプチューン」はギリシャ神話の海の神(ポセイドン)であり、また、カロンの親星でもある冥王星の英名「プルート」は、ギリシア神話では地獄を治める神の名であります。
ここでは、セレスは「農業の女神」を、カロンは「三渡の河の渡し守」となっています。和名がどうなるか、気になりますね・・・・・

(余談)
ギリシャ神話にちなんだ、って事で「ゼウスは?」と思った人も多いでしょう。実は、木製の別名がゼウス、って呼ばれてるんです。ジュピターって読んでますが、意味的には同じらしいです。
(写真は、本文と何の関係もありません。)

|

« 新訳「星の王子さま」 | トップページ | 明日は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122563/11482913

この記事へのトラックバック一覧です: 12番目の惑星名:

« 新訳「星の王子さま」 | トップページ | 明日は・・・ »