« 今日から | トップページ | まっくのばってりー »

2006.09.02

生き物を飼うと言う事の意味

先日、気になるブログの記事があったので、紹介します。

(すずりんの日記)
http://blog.goo.ne.jp/suzu-rin_2005/e/7d69eecf4c0c8a5959c6e968fa63ea8b

厳しい言い方になりますが、「家族の一員」と言う人はいても、生き物を飼うと言う事は、結局自分の財産の一部あるいは所有物・・・つまり、物として扱う事には変わらないのかも知れません。(「者」ではなく「物」) 
「去勢・避妊」というのも、飼い主の責任として考えればやむを得ないと思うし、ある意味正しいかと思います。ただし、その過程と言うのものは、「物」として扱う事を前提にしている、と言う事をほとんどの飼い主は忘れていると思います。(実際、自分が動物側の立場なら、野生で自由に歩き回ってたのを、去勢どころか自由を奪われて、鎖で拘束されるのはとんでもない、と思う(笑))

ただし、自由を奪って「物」として扱う代償として、所有者としての「責任」はかなり重くなる訳です。これが、一般の所有物と大きく異なる所。そして、その責任の重さから見れば、去勢・避妊も増え過ぎたペットを処分するのも、同じ位残酷な事なのかも知れない。

こんな事言うと反論言われそうだけど、飼われる側から見れば、「生まれて来る筈の命を絶つ事」も「生まれて来た命を断つ事」と意味的には変わらないからで、逆にそれが飼い主としての責任の重さでもあるわけで。

それでも、反論する人は、考えて欲しい。
動物愛護を考えるなら、あなたの飼い猫に与えるキャットフード、これに使われる肉の為に日々どれだけの命が犠牲になっているかを。


んー なんかとりとめの無い事言ってるなぁ、今日は(汗)
Icon_m

|

« 今日から | トップページ | まっくのばってりー »

コメント

ロブはできる限り我が家のワンコを可愛がってあげています。
確かに突き詰めれば物かもしれないけど、生き物は物じゃないわん。
他の命を奪い己の命を育むのは人も犬も同じ、ただ犠牲になった命の尊さを忘れちゃだめなだけ…
犬は人に全信頼を寄せて生きている、だから人も犬を愛し可愛がってやらないと…
犬を物と考え、ただ利用する事を目的として飼うなら飼われた犬は物として扱われてしまう。だから利用し終わったり、邪魔になれば処分される。家畜の運命と言えばそうなのだけど…。
ロブは絶対にそんな事しないわん。
なせならロブはワンコを家族の一員と考えているから。

投稿: ロブ | 2006.09.04 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122563/11735128

この記事へのトラックバック一覧です: 生き物を飼うと言う事の意味:

« 今日から | トップページ | まっくのばってりー »