« 続・ブログで重要なモノ | トップページ | ゆうごはん一考 »

2008.08.10

願望

Hengao01 以前、とある有名な盲導犬訓練士の本を読んで、えらく感銘を受けた事があります。たしか、視覚障害者が盲導犬を得たおかげで、健常者並みに生活が出来るようになった事を、訓練士である著者に感謝するくだりがあるのですが、こういう会話だったと記憶しています。

・視覚障害者「先生、盲導犬のおかげで、こんなに良い生活を送れるようになりました。」

・著者(訓練士)「いいえ、犬のおかげじゃないですよ、あなたが良い生活を送りたいと望んだから、犬が来ただけですよ。」

そうでないと、犬を得て悪い結果になったら、犬が悪者になってしまうから・・・と話は続くのですが。つまり「犬を飼い始めたら生活が変わった。」のではなく「生活を変えたいから犬を飼った。」のだと。 

考えてみると、自分も結構思い当たる事は多いですね。 優が居なかった頃、ドッグカフェに毎日のように通い、常連さんが連れてくる犬を撫でながら、「いつか自分もこんなでっかい犬を連れてカフェに通いたいな」とか、「車にわんこを乗っけて、一緒に連れて歩きたいなぁ」とか、当時はそんな事をぼんやり考えてました。

振り返って、それが現実となっているので「あれれ~いつの間に?」と思ったわけですが、既に犬を受け入れるだけの下地は出来上がってたのですね・・・

皆さんは、似たような心当たりありますか

|

« 続・ブログで重要なモノ | トップページ | ゆうごはん一考 »

コメント

> エッポさん

ああ、散歩はそうかも知れませんね。
余談ですが、姉の家では、旦那さんがもっぱら散歩を担当
しているみたいです。おかげで7kgも痩せたとか(笑)
自分も覚悟はしてたんですが、案外続くものですね。

> うーママさん

をを、夢がかなったのですね(^^
自分も、優と一緒に帰宅した晩の事、今でも覚えてますよ。

投稿: 優papa@管理人 | 2008.08.10 20:37

そうですね…本気で飼うつもりは無かったのに、よくペットショップに行っていました。
いつか、ワンコと暮らしたいな。いつかワンコと楽しい毎日を…とこんな気持ちでしたが、気づいたら梅太郎と一緒に帰宅していました。
あの日の事は今でも忘れないです。

投稿: うーママ | 2008.08.10 19:01

考えてみたら、犬がいるから運動する・・・こんなことはありますよ。レオも迎えるまで2年半、前犬が忘れられなくて飼えませんでした。その間、歩くことは無かった気がします。歩けませんでした。

今はレオと一緒に歩く時間が、わたしにとっては、最高の時間ですよ。

投稿: エッポ | 2008.08.10 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・ブログで重要なモノ | トップページ | ゆうごはん一考 »