« モンローウォーク | トップページ | モンローウォーク(2) »

2008.09.13

提案

先日、自分がお世話になっている@niftyのサイトで、こんな記事を発見~

リンク: <a title="英米で増えるYouTubeで「尋ね人」 日本でもはやるのか - 速報 ニュース:@nifty" href="http://news.nifty.com/cs/technology/techalldetail/jcast-24892/1.htm">英米で増えるYouTubeで「尋ね人」 日本でもはやるのか - 速報 ニュース:@nifty</a>.

これは、尋ね人の動画ですが、応用すれば尋ね犬・・・もとい、里親募集に使えるんじゃないでしょうか? 自分も加入しているYouTubeは世界的にも有名な動画サイトで、海外からもたくさんの方が閲覧しています。

なんでこんな事言うのかというと、意外と多いんですよね、里親募集のブログって。 お友達とリンクされてるかたでも、里親さん探すの大変なんですよね。 YouTubeだったら、動画なんで写真では判りにくい犬の性格とか健康状態も把握しやすいし、何より犬に関心の無い方にも目に付きやすいという利点があります。(逆に、不審者や違法サイトからのアクセスが増えるなどのリスクもありますが・・・)

Bg080912_a01 と、言うわけで、里親募集されている皆様、一度検討されてはいかが?

|

« モンローウォーク | トップページ | モンローウォーク(2) »

コメント

> エッポさん

欧米の方は、動物愛護の思想も強いので、動物側の立場に立って受け入れてるのかもしれませんね。
某有名サイト等を見ると、障害のある子は引き取り手が見つからなくって、結局保護先で世話する・・・というケースが多いようです。

> うーママさん

そうですね。自分もそう思います。<捨て犬ゼロ
自分は動物愛護主義でもないし、熱狂的な犬好きでもないですが、それゆえに責任感を持って今の子を扱っています。単なる犬という以前に、「家族」だから。

投稿: 優パパ | 2008.09.14 10:56

最近、こちらのブログがなかなか開かなくって読めなかったんですけれど、どうしてでしょうかねえ?
でも、今日はやっと開けたのでよかった♪

里親募集、確かに多いですね。
個人的には、里親を募集しなければならないコ自体がいなくなって欲しい(捨てられる犬ゼロ)と思います。
どうしたら、捨てずに・捨てられずに済むんでしょうね。

投稿: うーママ | 2008.09.14 08:26

里親さんは、日本の場合は「ワンちゃん、どの子にしようか」と選ぶこともできるようですが、海外では選ぶことはできないところもあるようですね。里親希望・・ということは、たとえどのような事情の子がきたとしても、受け入れることができると解釈されているようです。極端な形ですが、たとえ病に冒されているワンコが与えられたとしても、一生面倒を見なければいけないそうで、もしも破られた場合は、今後は引き取ることはできないそうです。日本ではその辺・・・どう思うのでしょうか、難しいところですね。でも本来は、そうあるべきではないかと、個人的には思います。

投稿: エッポ | 2008.09.13 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モンローウォーク | トップページ | モンローウォーク(2) »