« 食欲の秋 | トップページ | すたば »

2008.10.03

すてれおぐらむ

先日、TVを見ていたら、富士フィルムでステレオ写真が撮れるデジカメが販売されるというニュースがあり、「これで、念願の走るわんこのステレオ写真が撮れる」と喜んでいるこの頃です。

B070131a ほとんどの方はなじみが無いとおもいますが、ステレオ写真というのは、左右の肉眼に相当する二台のカメラを使った写真で、二枚の写真の微妙なずれが視差を生み、立体感を与える―というのが、大雑把な原理です。

Natu_3d フィルム式のカメラでは、ステレオ専用というのは結構あったのですが、デジカメでステレオ専用、ってのは今までなかったんですよね。 そんな訳で、せっかくフィルムで撮影しても、ブログにアップするのにかなり手間がかかったりします。

写真は、昔とったステレオ写真のストックから。 上の写真は学研の「大人の科学」よりステレオピンホールカメラを使用。下の写真は、トイカメラの一種で撮影、ブログ用に加工したものです。

両方とも、並行法で作成しましたので、見方としては、左の写真は左目で、右の写真は右目でみるとその立体感が堪能できると思います。コツとしては、小さめのサイズで、目を写真に近づけた方が、比較的早くみられると思います。自信のある方はお試しを。

|

« 食欲の秋 | トップページ | すたば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食欲の秋 | トップページ | すたば »