« お散歩効果? | トップページ | 秋の散歩道(2) »

2008.11.03

めいど いん ちゃいな

いつも使っているブックライトが暗くなってきたので、電池交換をする事に。
裏蓋を開け、中の電池を取出して、電池を確認。AG13?聞いた事の無い型番だなぁ?
ふと、ブックライト本体を見ると、「MAID IN CHINA」の文字が。

そうか、と気づいて、ネットで検索してみると、やはり海外の電池は規格が同じ物でも、名称が違う事が判明~
AGが付く物は、中国をはじめとしたアジア圏で多く使われている事も確認。

で、AG13は日本ではRL44という型番に対応していたので、早速コンビニにて購入。この型番は、日本では最も多く出回っているのだ。
が、ここで新たな問題が発生~ なんと、RL44の方がわずかに厚みが薄いため、そのまま電池ホルダーに入れると、隙間が開いて電流が流れない状況に。
そこで、電池を固定する電極兼金具を曲げて、ちゃんと電流が流れるようにする事に。
このあと、スイッチを入れたら、ちゃんと点灯しました。もちろん、交換前より数倍明るく。Bg081102

にしても、電池のパッケージにも対応表とか欲しいと思うね、今回の場合は。気づかなかったら、そのまま諦めてガラクタになってたかも知れんし・・・

|

« お散歩効果? | トップページ | 秋の散歩道(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お散歩効果? | トップページ | 秋の散歩道(2) »