« 一途 | トップページ | 面影 »

2008.12.04

犬好き・犬嫌い(2)

前回、犬好きおよび犬嫌いの特徴と傾向について述べましたが、今回はその続き。

Kao001 原因別に観察して見ると、犬好きの人の場合、犬の好きな理由は「昔飼っていた、又は現在飼ってるから」とほぼ同じ理由が大半。

一方、犬嫌いの方は、大別して3つの理由に分類できる。
1)ぜんそくや動物アレルギー
2)幼少時に恐怖体験(噛まれる・吠えられる等)がある。
3)好みの問題(毛嫌い)、その他

1)は、犬嫌いばかりとは限らないし、2)はどちらかと言うと「犬が怖い」と言うのが正しいのかも? 厳密には、3)のグループを犬嫌い、と呼ぶべきなのでしょうか。
この犬嫌い、実際のところ、何が理由で嫌いなのか、やはりよくわからないのですけれども、ひとつ重い白い事が。
それは「親が犬嫌いだと、子供も犬嫌いになりやすい」らしい、という事。

普通、犬嫌いの方は、ほとんど単独で出会う事が多いのですが、たまたま家族連れの方に出会った時の事、小学生くらいの子供が興味深げに近寄ろうとすると、親の方が理由も無く引き離す光景が見られました。
(これが、犬好きの家族だと子供が怖がっても、親が「大丈夫だよ」と近づけることが多いのですが。)

「子は親の鏡」とはことわざでよく言いますが、こういう光景を見るとなるほど~と思ったりします。皆さんのご近所でも、家族ぐるみで動物嫌いな方、居ませんか?

|

« 一途 | トップページ | 面影 »

コメント

犬というのは噛むものなんですね。それを避けたがるのは当たり前だと思うのです。

家畜化されているためでしょうか、臭いがきつい点もあります。鶏の腐ったような動物臭がありますね。猫にはそんなにないのですけれども。

家畜というか、犬は人間の顔色をうかがう動物なので、そういうところが好きな人は良いのでしょう。嫌いな人はそこが苦手かな。いつも奴隷に見られているような気がして。

投稿: | 2011.10.05 13:20

なるほど~同じ経験をお持ちでしたか(^^
バーニーズも相当大きな犬種なので、お父さんの方がビビッちゃたのかな?

投稿: 優パパ | 2008.12.06 08:12

こんにちは!
興味深い記事ですね~。
優パパさんと同じ意見です。
以前、友達のバーニーズとユウとで歩いていると、向うから小さな男の子と父親が…
子供は「ワンワン~up」と言っていましたが
父親は「大きいワンワン怖いね~」と言いました。
おいおい…gawk勝手に決めないで~!!と
思ってしまいましたが、そう言われた子供は
父親にしがみついて言ってしまいました。

投稿: ユウママ | 2008.12.05 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一途 | トップページ | 面影 »