2006.08.16

新訳「星の王子さま」

先日、新訳版が出ていたので、買ってきました。

旧訳版が手元に無いので、比較が出来ないのですが、記憶をたよりに確認してみると、確かに言い回し等かなり違っている箇所がいくつも見られました。全体的には、子供向けの本のような、読み易い表現になっているような?

物語中の重要な単語も、いくつか変わってました。
記憶が正しければ「道化師」が「大物気取り」とか、「飼い馴らす」が「なつく」等・・・
最近の文書離れを象徴してか、かなり平易な表現になっています。

個人的に一番残念だったのが、冒頭の部分。
象を飲み込んだ「うわばみ」が「ボア」という言葉に置き換わってました。いちばんインパクトのあるシーンだけに、ここだけは変えて欲しく無かった。残念!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.16

安野光雅「あいうえおの本」

今日、久しぶりに水戸の本屋に入ったら、安野光雅専用コーナがあって山積みされてたので、買ってきました。前々から欲しかったんです、この本。
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=1896

最近の物は、版を重ねているせいか、いまいち鮮明さに欠ける感は否めないですが、随所に安野さん独自の遊びが盛り込まれており、大人も楽しめる作りになっています、むしろ大人向けの本かも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)